FC2ブログ

横浜三塔は船舶入港時の目印!と共に・・・・?

Yokohama 3towers're Ships entrymark into Port ! &....?

大正12年(1923)関東大震災で焼失した旧神奈川県庁舎の再建にあたり、公募で当選した小尾嘉郎氏の構想案を基に、県庁内務部の成富又三氏など(佐野利器氏も顧問として参加)により設計推進され、当時建設業界では受入れられ主流だった『 帝冠様式 』を建築意匠へ採用したのだ。

帝冠様式建築:昭和初期(1930年前後)の我が国建設業において、当時建築設計者達により建物様式へ日本固有情緒を盛り込んだ設計が数多く行なわれ、RC造(鉄筋コンクリート造)の洋風建築意匠に、和風ムード醸成する屋根をかけた和・洋折衷デザインが基本様式の建造物を云う。

そして、横浜港周辺に所在する`KING・QUEEN・JACK`と愛称されている尖塔付建物は、幸運にも第二次大戦後も建ち続けて来ており、いつしか船乗り達が航海の安全祈願をしつつ、街並みより一際高く聳えるこれら建物尖塔を目印に入港していたと語り継がれているが、他に此の3ヵ所を望めるポイントを1日で巡れば『 願いが叶う!?』と云う都市伝説も新たに加わり、これが『 横浜三塔物語 』沿革の様である。

以下へ掲載した写真画像が横浜三塔で、上段より『 キングの塔:神奈川県庁本庁舎 』、『 クイーンの塔:横浜港税関 』、『 ジャックの塔:横浜市開港記念会館 』、そして最下段は三塔全て望めるビュー・ポイント『 日本大通り分庁舎前歩道設置サイン 』、他2ヶ所のポイント情報は上記『 横浜三塔物語 』を参照下さい。



     Y001-King.jpg
     KING / 神奈川県庁: 昭和初期流行した帝冠様式,1928年竣工





     Y002-Queen.jpg
     QUEEN / 横浜港税関 :イスラム寺院モスク状円蓋,1934年竣工





     Y003-Jack.jpg
     JACK / 横浜開港記念会館:時計塔,八角&角ドーム,1917年竣工





     Y004-Queen_King_Jack.jpg
     三塔確認用ビューポイント標識 :日本大通り分庁舎前の歩道上





16:48 : 建  築:  トラックバック(-)  コメント(0)

技術革新は半世紀の時日経過と共に進化。

Innovation has progressed of half century.

1970年夏、デザイン初学の青少年期だが大阪府吹田市千里丘陵で開催中の国際万国博覧会(大阪万博|EXPO'70)へ、美術系友人達と共に視察訪問した事がある。

空間デザイナー準備として、建築やパビリオンの展示ディスプレーなど体感学習&能力啓発の意味で、友人運転する車へ同乗させて頂き開通直後だった東名高速と名神高速道を走行し、ラジオから流れるフラワートラベリン・バンド楽曲聴きつつ西進。

万博内の電気通信館パビリオンで、当時は未来的だった『 カラーテレビ電話 』や『 ワイヤレス・フォン|携帯電話 』のプロトタイプが展示されており、参加体験も可能だったので知的好奇心に駆られ『 カラーテレビ電話 』を実体験中、友人と共に相互撮影したタイムカプセルもどき(50年前)変則2ショットが下記画像だ。

        
       Expo70_01.jpg
       Expo70_02.jpg
        Color-video call with my friend in 1970


そして今年、新型コロナウィルス感染症(Covit-19)が年初より世界へ拡散した為、感染リスク回避から行政が『 緊急事態宣言 』を4月発令、外出制限要請もあり『 リモートワーク 』や『注1/テレワーク 』、各企業が導入という事態になっている。

その為、出勤せずに自宅インターネットで音声会話や動画を通信するビジネスツール、『注2/Web会議システム 』利用する在宅勤務が活況呈しており、働き方改革一助となって新秩序!も育まれつつあるようだ。

また、私生活においても不要・不急の外出控える状況でもあり、人々の在宅時間は少なからず増加している生活スタンス推察される。
だが、『注3/三密 』を避けて知人達との会合や食事会など、長期間控える実情は精神衛生上健全とは云えず、此のシステムを私的活用するべきなのかも知れない。

家にネット環境あれば、ON-LINEでの『 会合 』や『 飲み会 』可能で、音声/映像の通信レベルも高品質だし、チャットやPC内の各種ドキュメントや画像をヤリトリ(共有機能)出来るのが此のシステム基本的機能となっているので、参加者の趣味資料や動画を提示しつつ会話もでき、無料システム選択も可だ。

以下写真は、50年前の万博で共に近未来体験した友人(後年著名イラストレーター)も参加し、音楽同好の士と云うだけではなく中学同級の幼な馴染みとの、ON-LINE リモート・ビデオ会合をキャプチャーした画像である。

海外居住者(英国)1名含む彼等、趣味レベルを遥かに超えた音楽感性持ち合わせる同歳オヤジ達(失敬!)で、『 ON-LINE バーチャル飲み会 』は時差調整し深夜まで行なう事もあるが、此の4ショットは先週末における愉しい音楽談義ヒトコマ。

コロナ禍以前、年に数回ほど他の仲間も含め『 食事会+温浴施設+カラオケ 』していたのだが、昨今事情から会合控える状況となってしまい、P/C装備の違いから4人のみにて『 ON-LINE 会合 』を行ない始めた。


   Expo70_04.jpg
        Fab‘4 Oyaji video-meeting in 20201211


イノベーション(英:Innovation)とは、物品・物事・仕組み等に新しい考え方を取入れ、新機軸を創造し社会的に大きな変革を起こす事で世情や経済、学術・規範・常識などに新しい価値感を生み出す技術革新の事である。

`70年万博会場で『 カラーテレビ電話 』の未来体験後、既に半世紀!経過。
革新的創造性から『 Web会議システム 』が発案され、その技術革新の成果を利用する今日当方と、50年前に感動しつつ未来体験をした学生の私、この今昔2シーンを相対比較すると・・・・・、『 コロナ後の新秩序を予感!?』と共に『 予想外の革新的創造性も意外ではなかった!』、との覚え次第。

長期化するコロナ禍も、感染予防は近い将来不必要になると思うが、Web会議システム導入で得られる最大メリットが移動時間や交通費ゼロなので、コロナ収束後も活用継続するべきではないだろうか・・・・・・!?。

反面デメリットも報告されており、参加者同士が別空間で会合する為、顔色や場の空気などの情報が相互に伝わり難く、発言ニュアンス誤解される側面もあるようだ。

真影の肖像権につき、ビデオ会合出席者御三方からはモザイク無し掲載を快諾して頂いている旨、ご承知おき下さい。




注1/ ジャプリッシュ(ジャパニーズイングリッシュ)造語、英語表記はTelework、テレは(Tele=離れた場所)、ワークは(Work=勤務)、2単語結合が語源。

注2/ 此のシステムには、Zoom・Skype・GoogleMeet・MessengerRooms・たくのむ等々、代表的ツールが数種存在するとは云え、有料・無料やアカウント登録方法や同時接続人数、アプリ・インストゥール要・不要等の相違がある為、目的を明確にした上で利用すべきである。

注3/ 三種類の『 密 』意味し、新型コロナウィルス感染予防から『 密閉・密集・密接 』を避ける為、東京都知事:小池氏声明からの標語。そして今月発表された今年度『 流行語大賞 』において『 三密 』が大賞となる。


01:37 : 未分類:  トラックバック(-)  コメント(0)

我が相棒と新天地を行脚する/2c

Walk on the globe with my dear/2c

さて、旅行拠点スイス・ジュネーヴ市アパルトマン出発後、欧州五感遊歴(バッグパック&スケッチ)もユーレイル・パス期限が迫り、イタリア半島の縦断行脚で訪れた各都市には離愁の念へ駆られるものの、心惹かれる巨匠達待ち受ける最終目的地スペイン・カタルーニャ州都バルセロナ市を目指し、ローマ駅よりEXP/1stクラスに乗り込む。

残念ながら、著名な避寒地リビィエラ海岸のリゾート雰囲気は夜陰に紛れつつイタリアへ別れを告げ、街並イルミネーション装飾で夜景絶品のモナコ公国モンテカルロを経て、まだ観光客不在の南仏海浜リゾート・ニース等コート・ダジュール海岸沿いを、早暁に西進しフランス国境方面へ向かう。

鉄道でのスペイン入境は、ポルト・ボゥ駅|Port-bouでパスポート審査簡単に済ませられたのだが、注1/欧州鉄道在来軌間(Gauge|レール幅)との相違で、スペイン側列車への乗り換えが必要だった為、少なからず不安生じつつも乗り継ぐ事でき、早朝のバルセロナ駅へ無事!?到着。

Spain-01.jpg Spain-02.jpg
  Sagrada Familia    Picasso-Museum     Dali-Museum

冒頭記述した`心惹かれる巨匠達`とは、各アーティスト共カタルーニャ州の出身と云われる、建築家:ガウディ|Antoni Gaudi、抽象画家:ピカソ|Pablo Picasso、超現実画家:ダリ|Salvador Dali の神品創造者。

注2/ カテナリー曲線を活用したガウディ作品は、サグラダ・ファミリア|聖家族贖罪教会(1882|明治15年着工~工事中)やグエル公園、カーサ・ミラ、カーサ・バトリョ等の集合住宅が、バルセロナ市街や郊外で現存建築物へ立合える。

また、キュービスム先駆者及びシュールレアリズム大御所の画家達は、ピカソ美術館が市内ゴシック地区に所在、ダリ劇場美術館は市内からバスで約1時間強の氏故郷フィゲラスに所在し、御二方とも上記画像/個人美術館で鑑賞可能。

既成概念を超越した巨匠達の作品前にすると、圧巻の非凡さに人類能力への認識は大きく転換させられ、番外の眼福効果へ恵まれると同時に、私(クリエイター自負!)は凡人なのだろうか・・・・?と云う自戒の念へも駆られてしまう。(上記画像三点は現地購入絵ハガキから借用、下記画像は各施設入場券:ティケット)

      S-011.jpgS-012.jpg 
       Sagrada Familia Museum     Entry
    

    S-0015.jpg     S-013.jpg
       Pablo Picasso Museum       Parc Ciutadella

バルセロナ市内での滞在場所は、『 オスタル・パラシィアス|Hostal PALACIOS 』と云うリーズナブル価格の旅宿で、下記描いた作図面のNo,37号室に暫らくの間お世話になった。

現地呼称のオスタルは、ホテルよりも小規模事業の為家族経営なども少なからず在り、レストランやカフェ・ラウンジ等は付随せず俗に云う素泊まり旅宿なんだが、廉価だからだろうか?バックパッカーや若者達に人気の宿泊施設である。

そして一般ホテルとオスタルの相違は、他旅行者との相部屋を打診される事もあり、またトイレやバス(シャワー)が共用と云うケースなど、効率的な営業形態の施設で地域によってはペンション|Pensión とも呼ばれている。

Barcelona-01a.jpg

         - Floor Plan & Bird's Eye View -

Barcelona-01b.jpg
 Hostal PALACIOS : Av.Jose Antonio Gran Via 629 bis, Barcelona


スペイン入境時、鉄道レール幅との違いで列車乗り換えた旨申し述べたが、スイス・ジュネーヴ(カルナヴァン駅)への帰路、乗車した特急列車『 T.E.E/TARGO|タルゴ 』は、注3/軌間可変機構|Free Gauge 装備する列車だった為、バルセロナ駅を出発後~ポルト・ボゥ駅において別列車への乗り換えは不要次第。

そして此の列車は、スペイン~フランス経由し~スイスまで運行されるのだが、アルプス山脈通過する際トンネルや谷間周りでカーブが多い為、脱線を避ける意味から車両全長が低減された設計で、国際的にも珍しいショート・スケール電車だ。
従って車両1台の座席数は少なく、ナント『17名!』しか座れないのである。尚、当方乗車時(画像内〇印)は満席にはならなかったので、通路などへの立席乗車もなく空いていた状況。(下記画像参照)

また、フランス国境通過時に列車内でパスポート審査(検印のみ)が行なわれ、入国手続きはスムーズに済ませられた。その際、入国審査官と共に乗車券検札に来た車掌の肩に掛ける深紅色皮革カバンが濃紺色の制服に素晴らしく映えており、且つ超長めのストラップで深紅色鞄を膝近くまで下げ降ろしている為、その理由知りたくて検札時に質問を試みた。

多少太めでお腹の出た人柄良さそうな中年車掌の応答は、『 アルプス山脈のつづら折り登坂路線を通過する折、列車が揺れた拍子にカバンで乗客の顔を殴打するのを避ける意味から、低位置ストラップでトラブルを未然に防いでいる 』との事。

また、此の車掌さんの帽子徽章についてだが、『 金メッキ・ベースに黒文字でSNCFロゴ&金モール&金星3個 』が装飾されており、`SNCF=フランス国有鉄道`を意味し、他の国々では`FS=イタリア国有鉄道`や`CFF=スイス国有鉄道`など。      

    Barcelona-02c.jpg
     T.E.E / TARGO : Train Conductor / Frenchman.
    

Barcelona-02a.jpg
     T.E.E / TARGO : Train seats 17 people,fullhouse !


Barcelona-02b.jpg
        T.E.E / TARGO : Seats & Interior Design.

ジュネーヴ・アパルトマンで遊歴疲労を癒した後、レマン湖周辺のフランス語圏を暫らく離れ、ドイツ語圏などのスイス山間部観光(インターラーケン・ベルン等)を巡歴ツアーしてから、ジュネーヴ・コアントラン空港より日本へ帰国した。

だが、その後もバルセロナ市への渡航機会はあり、S社勤務時に業務として再々度訪れた際には、デンマーク首都コペンハーゲン市のチボリ公園|Tivoli-Gardens を視察後、引率するスタッフが多少居た為に鉄道は利用せず、カストラップ空港(コペンハーゲン)より空路直行便でバルセロナ空港へフライトし入国次第。

そしてタイトル『 我が相棒と新天地を行脚する 』は、『』が相棒の`サミー君`紹介、欧州シリーズは『 /a.b.c 』、米国シリーズが『 /a.b.c 』として各トピックを編纂してきましたが、今件の欧州`c`を最終章とさせて頂きます。




注1/ 1850年代に隣国フランスへの敵意で、ナポレオン軍侵攻を防ぐと云う理由からスペイン鉄道レール幅を、隣国と異なるゲージ(軌間)選択し敷設したとの事。

注2/ カテナリー曲線 : ロープの両端持って垂らした際出来る曲線で`懸垂曲線`とも称し、ラテン語カテーナ|Catena を語源とし『 鎖・絆 』意味する。ガウディは理に適った自然美を論理的検証(フニクラ|Funikura)基に建築構造へ転用した。

注3/ 軌間可変機構|Free Gauge : 鉄道車両がレール幅相違する線路への直通運転をする為に、走行軌間(線路幅)へ合わせて車輪間隔を自動変換するシステム。


01:30 : ヨーロッパ:  トラックバック(-)  コメント(2)

無題 ~ 無始 ・・・・・・・・。

Title of Untitled ~ Infinite ・・・・・・・・.







     untitled01.jpg
                  無題~。










     untitled02.jpg
                 無始 ・・・・・・。










12:55 : 写  真:  トラックバック(-)  コメント(0)

我が相棒と新天地を行脚する/2b

Walk on the globe with my dear/2b

宿泊施設を提供する旅館業は`旅館業法/1948年施行`により規定され、約70年経過するも時代の要求に対応しつつ法改正を重ねてきた。とは云え、旅館業法改正だけでは次第に対処出来なくなってきている実情がある。

近年、外国人観光客の増加により宿泊施設不足が顕著となり、少子高齢化の進行と共に課題となってきている空き家問題、またI/Tインフラが整備されニュー・ビジネスモデルの出現等々、それら影響したのだろうか?時代トレンドに対し総括的ソリューションが求められ、『 民泊 』と云う営業形態の宿泊提供に対する法律、民泊新法:住宅宿泊事業法が2017年6月9日成立、2018年6月15日施行された。

我国では最近まで民泊が発展して来なかったが、法的諸事情でも在ったのだろうか?其の調査は専門家に委ねるとして、バッグパッカー達にとって可処分費用/日へ気遣いしつつ移動する為、民泊存在は経済的に至善至良の策となる。

先進国においては、英国・北米・豪州等の英語圏にB&B(Bed & Breakfast)、仏国ではシャンブル・ドット| Chambre d'hôte、伊・独国はペンション| Pencione 等々、欧米各国には家族経営による小規模で安価な民泊施設が各地へ所在しているのだ。


italy_milano-001.jpg
            MILANO | Pencione EVA.

さて上記画像は、欧州での当方`民泊`時におけるアーカイブ・スケッチだ。7月とは云え上着必要な程涼気満点のスイス・ジュネーブを発ち、ローザンヌからTEE:LEMANOに乗換え(シリーズ/2参照)暖気を求め南向する、バッグパッキング・ツアー最初の到着地イタリア・ミラノ市で宿泊所決める際行なったペンシオーネ巡り状況を描いたもの。

バッグパッキング・ツアーにしてはデイパ如き小さなリュックサック理由は、ジュネーブで留守番役のサミー君(シリーズ/1参照)が居る?為、そしてネットなど存在しない時代のアナログなアプローチで、当時スケッチ内には以下コメントが書き記してある。

 1/ ミラノ駅で予約のペンシオーネ呼鈴を押す。(建物内には他民泊施設在り)  
   ・・・・インターホンからイタリア語で返事あり。
 2/ イタリア語は無理なので英語応対可能か確認。
 3/ 交渉成立後、大きな音でロックが外れくぐり戸如き頑丈そうな木製ドアが開く。
   ・・・・・ドアノブを回す必要ないからなのか?把手が扉の真中に付いている。
 4/ 門を入って右へ、クラシックなエレベーターが在り3階へ、扉が開くと小さな机の
   フロントに、Pencione EVA(娘さんの名前)のお父さんが居た。

ブッツケ本番でデイ・トリッパー体感したのだが、その後経験からフルハウスの際は伊語で`コンプリ`と発音される返答がある、多分‘Complete`の事だろうと理解し他所へ巡る事に・・・・・、多少の不安感よぎり野宿(駅等で)も覚悟するが、ツアー中に其の体験はせずに済む、そしてシングル・ルームは殆んど見かけない。

ミラノ市からベネチア市|Venezia へ鉄道(F.S)で移動、到着後市内の観光名所などスケッチ周遊した後、民泊施設のホテル・マリーニ|Hotel MARIN へ。
翌日はフェリー乗船し避暑地で著名なリド島へ渡るのだが、その際遅まきながら気付いた現象:車が走ってる事。そう云えば、ベネチア市内では他都市と相違し走行車両を全く見かけず、タクシー代用のヴァポレットやモーターボート等、移動は小船だった旨再確認すると共に、より体感感度を高めるよう己を戒めた。

さて、ホテル・マリーニを朝出発しイタリア半島の東端から西側へと移動、フィレンツェ市内へ向かう。到着時間が比較的早い時間帯だった為、予定変更し近隣所在する世界的に著名な、ピサ市|Pisa 大聖堂隣接する、地盤沈下で傾いた鐘楼`ピサの斜塔`見聞した後、夕刻フィレンツェ市内に列車で戻り宿捜しを行う。

数軒巡るもののコンプリ!で、ようやく三軒目で決めた宿泊場所は、窓外の眺望が素晴らしいパノラマ・アンジェリコ|Panorama ANGELICO、食堂開口部の眼下にはフィレンツェ特有テラコッタ・レンガ屋根が延々と続き、景観白眉な眼福効果満点のペンシオーネである。

italy_firenze-02a.jpg firenze-04.jpg firenze-05.jpg
     FIRENZE|Duomo         CUPOLA|Ticket


ところで、イタリア各都市にはカソリックのお国柄らしく立派な教会が数多く所在する。其の呼称が建築及び宗教用語でドゥオーモ|Duomo|大聖堂と云われており、英語のカティドラルに充当しドーム|Dome とは同意ではない。

各都市の美術館やファッション街巡りと共に、ツアーする内必然となった行為がある、其れが`クーポラ|Cupola|円蓋`の最頂部へ登段した後、市内全景を眺望する見晴台から天下取った気分を体感する事なのだ。
花の都フィレンツェ市のシンボル的存在のドゥオーモ・クーポラにも、当然ながらチケット購入(上記右側画像)し昇るのだが、昇降装置は4階位(上記左側画像)までしか設置されてなく、降りてからは徒歩で大円蓋の内側付随する階段を約30分程掛けて昇る。したがって、威圧感と同時に高所恐怖で気を呑まれた多くの人々は、エレベーター終点階の回廊を巡るのみで、天頂部へは一部の懲りないツアー客!?のみである。

ミラノとベネチアでもクーポラ昇りを行なって来たので、其の行程と状況等を経験している為、今回は地上売店で缶ビッラ|Birra Peroni|ビールを購入後昇った。昇段中は恐怖感覚えるので、下方見ない様に一歩ずつ慎重に焦らず昇るのだが、天頂部到着時には発汗と同時に動悸激しく疲労感も少なからず感じる。

テッペン気分悦楽で眺望味わいつつ一杯ヤッてると、同じ事考えた奴が一人居たのだ。彼も気付いて互いに歩み寄り会話(英語)する、金髪で背の高い彼は北欧系かと思ったのだが、意気投合し自己紹介等もありドイツの建築系大学院生と判明する。

暫し会話した後、互いの訪問各地における情報交換や独り旅の幸運祈願しつつ、イタリア語で`乾杯|Cincin|チンチン`をした。

別れ際彼曰く"Let's do it again without Italy:今度イタリア抜きでやろうぜ"、一瞬何事か判らなかった?が閃く、第二次大戦中ドイツはイタリア早期降伏の為、日・独・伊三国同盟の目論見が外れ憂き目を見たからだろう、政治的意図は無いにしても促成でアンピースフルなジョーク、しかしフィレンツェ名物テラコッタ屋根瓦の眺望と共に心象風景へ深刻され、其の残像(下記スケッチ参照)現在でも鮮明に甦る。

      Enjoy the view at Duomo-cupola & Cheers!
italy_firenze-01a.jpg
       FIRENZE|Let's do it again without Italy !


追記 : 『 キューポラのある街 』、昭和団塊世代ならばご存知の方々いらっしゃるだろう、1962年(s37年)公開された日活映画作品である、脚本:今村昌平、音楽:黛敏郎、出演:主役に吉永小百合、浜田光夫・東野英治郎の各氏。

埼玉県川口市を舞台とし、其の風景中に`キューポラ:鉄の溶解炉煙突`が数多く見られた鋳物の街における青春ドラマ。此の映画で云う`キューポラ`とは、工業地帯で建設された高い煙突を意味するが、当方トピックの`クーポラ|Cupola`と同語彙。


20:45 : ヨーロッパ:  トラックバック(-)  コメント(0)